ガン免疫療法情報センター『がん免疫療法・免疫細胞療法の情報提供、病院検索サイト』

ガン免疫療法・免疫細胞療法の情報提供サイト。副作用の少ない癌の最先端治療であるガン免疫細胞療法の解説、様々な免疫細胞療法の比較、免疫細胞療法が受けられる全国の病院やクリニックを検索できます。

免疫療法とは

免疫療法とは

免疫細胞治療は、免疫細胞を体外に取り出して強力に活性化・培養したのち、再び体内に戻すことでがんを攻撃する治療法です。

免疫細胞治療は患者様自身の細胞を用いるため、まれに軽い発熱を伴う以外は本質的に副作用がほとんどなく、患者様の身体への負担が極めて少ないのが特徴です。副作用が軽微であることで、治療中であっても旅行や外出が可能になる場合もあり、 QOL( 生活の質 ) を高いレベルで維持することも可能です。 副作用が少ないことで前向きに治療に取り組むことができ、それがさらに治療効果を高めるという相乗効果も期待できます。

免疫細胞治療の特徴

1.副作用が極めて少なく、QOL(quality of life:生活の質)を維持することが期待できます。患者さん自身の細胞を増殖・活性化して用いるため、微熱が見られること以外、本質的に副作用はほとんどありません。

2.抗がん剤や放射線療法との併用で相乗効果が期待できます。他の治療の効果を妨げることなく、全体の治療効果向上が期待できます。

3.手術後の補助療法として、再発予防効果が示されています。手術で取り残すことで再発の原因となる微小ながんに対しても作用するため、再発予防には特に適しています。

4.身体に優しい治療であり、進行がんの方も受診できます。また、ほとんどのがん種に適用可能です。一部の血液がん(白血病、T細胞型の悪性リンパ腫等)を除くほぼ全てのがんが適用対象となります。

5.基本的に外来通院による治療であり、入院の必要がありません。

6.オーダーメード治療が可能。患者さん自身の細胞を培養・増殖して用いる免疫細胞治療は、お一人おひとりのご病気に合せた“オーダーメード”の治療が実現可能です。

この記事をシェアする

関連記事

folder ガン・免疫療法 最新情報

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法 実施病院

more...

folder 免疫療法実施病院 詳細

more...

folder 専門用語

more...

folder 未分類

more...

folder 症例・実績

more...