ガン免疫療法情報センター『がん免疫療法・免疫細胞療法の情報提供、病院検索サイト』

ガン免疫療法・免疫細胞療法の情報提供サイト。副作用の少ない癌の最先端治療であるガン免疫細胞療法の解説、様々な免疫細胞療法の比較、免疫細胞療法が受けられる全国の病院やクリニックを検索できます。

ANK療法とは?

ANKとは、「Amplified Natural Killer」の略、または、「Activated Natural Killer」の略です。 NK細胞を増幅(Amplified)、活性化(Activated)させる免疫療法です。

NK細胞療法、NK療法、高度活性化NK細胞療法とも言われます。

増える細胞は?

NK細胞がほとんど。

原理

NK細胞は、直接ガン細胞を殺す能力をもっています。

血液にあるNK細胞を取り出して、増やして、活性化し、体の中に戻します。

活性化されたNK細胞は、サイトカインを放出し、他のNK細胞も活性化させます。

メリット

NK細胞は、ガン細胞を直接殺すことができる。 NK細胞は、サイトカインを放出し、Th1細胞を誘導、Th1細胞はサイトカインを放出

デメリット

増えにくいリンパ球の増殖能力、活性化能力が個人で異なるので、テーラーメードとなり、時間とコストがかかる

この記事をシェアする

関連記事

folder ガン・免疫療法 最新情報

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法 実施病院

more...

folder 免疫療法実施病院 詳細

more...

folder 専門用語

more...

folder 未分類

more...

folder 症例・実績

more...