ガン免疫療法情報センター『がん免疫療法・免疫細胞療法の情報提供、病院検索サイト』

ガン免疫療法・免疫細胞療法の情報提供サイト。副作用の少ない癌の最先端治療であるガン免疫細胞療法の解説、様々な免疫細胞療法の比較、免疫細胞療法が受けられる全国の病院やクリニックを検索できます。

DC療法とは?

DCとはDendritic Cell 樹状細胞のことです。 DC療法とは、樹状細胞療法のことです。 樹状細胞を活性化することにより、キラーT細胞を誘導する可能性がある。 キラーT細胞を誘導するのにがん細胞、あるいはがん抗原を必要とする。 ガンワクチン療法と原理としては同じですが、ガンワクチン療法はワクチンという物質を投与し、体の中でDCに取り込まれることを期待するのに対し、DC療法では、血液からDCのもとになるものを取り出し、体の外で増やしつつ、ガン抗原を認識させます。 抗原として何を使うか? ■自己ガン組織DC療法手術で摘出した患者さん自身のガン組織を使用 ■人工抗原DC療法 人工抗原樹状細胞療法は、患者様のがんに特徴的な人工物(がん抗原)を使って作製した樹状細胞を用いたがん標的免疫療法です。

この記事をシェアする

関連記事

folder ガン・免疫療法 最新情報

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法 実施病院

more...

folder 免疫療法実施病院 詳細

more...

folder 専門用語

more...

folder 未分類

more...

folder 症例・実績

more...