ガン免疫療法情報センター『がん免疫療法・免疫細胞療法の情報提供、病院検索サイト』

ガン免疫療法・免疫細胞療法の情報提供サイト。副作用の少ない癌の最先端治療であるガン免疫細胞療法の解説、様々な免疫細胞療法の比較、免疫細胞療法が受けられる全国の病院やクリニックを検索できます。

ガンワクチン療法

ガンワクチン療法とは?

ガン抗原の注射によりDC細胞の活性化、CTLを誘導しガン細胞を殺す方法です。 言い方が異なるだけで、考え方はDC療法と同じです。 活躍させる細胞がDC細胞なので「DC療法」と言います。ワクチンとは、免疫反応を起こすための物質のことを指します。 ワクチンという物質により、DCが活性化され、CTLを誘導し、ガン細胞を殺します。 ガンワクチン療法の場合、ワクチンを投与して、体の中にあるDCにガン抗原を認識させますが、DC療法は、体の外にDCを取り出して、増やしながらガンを認識させる、という違いがありますが、DCにガン抗原を認識させるという基本原理は同じです。 抗原として何を使うかがポイント 自家ワクチン療法 自分のガン組織を使う 人工ワクチン療法 人工的に合成したもの

この記事をシェアする

関連記事

folder ガン・免疫療法 最新情報

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法

more...

folder 免疫療法・免疫細胞療法 実施病院

more...

folder 免疫療法実施病院 詳細

more...

folder 専門用語

more...

folder 未分類

more...

folder 症例・実績

more...